菱水会の活動
役員と沿革
先生方ご挨拶
ようこそ能へ(解説)
会員募集・お問合せ
定期大会
リンク
トップ
ホーム

ごあいさつ
菱水会が毎年とぎれることなく昭和24年の創立以来70年の長きに亘って継続してこられたことに深い敬意を表します。会の創立当初より祖父・藤波紫雪(順三郎)、父・重満、私と、三代に亘りお手伝いをさせて頂いてまいりました。能楽(謡曲)は、2001年(平成13年)に世界無形文化遺産国内第一号として認定されております。日本の伝統文化の中枢に位置するもので、極めるほどに奥深く、修得には辛抱強い努力と年月を要するものです。三菱グループ各社がこうした文化活動を地道に続けてこられ、折り目正しい社風の醸成に役立てておられることは、誠に敬服に値することと存じます。今後いっそう精進されて、菱水会のますますの充実、発展を心から期待申し上げます。

菱水会指導代表 藤波 重彦


浅見真州先生
(あさみまさくに)
1941生。故浅見真健の五男。
父及び故観世寿夫、故観世銕之丞に師事。
重要無形文化財総合指定保持者
(一社)日本能楽会理事
(公社)銕仙会理事
郵声会
今井泰介先生
(いまいたいすけ)
1942生。今井春夫次男。
故浅見重信、故藤波紫雪、故藤波重満に師事。
重要無形文化財総合指定保持者
(公社)能楽協会会員
瓢月会
清水寛二先生
(しみずかんじ)
1953生。山本順之、故観世銕之丞に師事。
重要無形文化財総合指定保持者
(公社)銕仙会理事
行和会
藤波重彦先生
(ふじなみしげひこ)
1964生。故藤波重満長男。
父および二十六世観世清和に師事
重要無形文化財総合指定保持者
(公社)能楽協会理事
(一社)観世会理事
東京藝術大学 音楽学部 准教授
光華会
光楓会
三謡会